「えらそう」に見える人

  • 2014.04.22 Tuesday
  • 09:06
無意味にえらそうにしている人間がそこここに目に付いたら、その組織は「末期的」であると判じて過つことがない。「えらそう」に見えるのは、外部評価と自己評価の差が大きいせいである。 「自分の能力は過小評価されているのではないか」という不安をもつ人間は、自分への敬意を喚起するために「わずかによけいな身ぶり」をする。 「えらそう」というのはその「わずかによけいな身ぶり」のことである。 いちばんわかりやすいのは「アイコンタクトの遅れ」である。 こちらが声をかけても書類から顔を上げない、隣の席の人間とのおしゃべりを止めない。 こちらが質問すると、答えることよりも「私はそういう質問をされることをすでに予見していた」ことを誇示することを優先する人間(彼らは答える前に、「だから」という鬱陶しげな一言から始めることが多い)。 そういう人間が一定数いたら、そういう組織はもう長いことはない。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM